home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ博物館歴史ミュージアム一覧 > 地域を彩る盆踊り
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

終了

歴史ミュージアム 企画展

地域を彩る盆踊り

盆踊りとは、お盆の時期に行われる踊りのことで、元々はお盆に招いた霊をなぐさめ、供養するために行ったと伝わっています。しかし、近年は本来の意味合いが薄れ、芸能色や娯楽色が濃い盆踊りも多くあります。多摩市域で行われる場合もこのような傾向がありますが、盆踊りは地域において、どのような役割を果たしてきたのでしょうか。  本展示では、多摩ニュータウン開発の前後に注目し、多摩市域における盆踊りについて考えます。


開催日
2013年07月12日 (金) 〜2013年11月11日 (月)
※8/6〜8、9/10〜11、10/16〜17は、施設点検日のため休館
時間
10:00〜18:00 
場所
歴史ミュージアム 企画展コーナー
料金
入場無料
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団



【展示構成】
1. 盆行事と盆踊り
 盆踊りは、盆行事の間に行われ、死者の霊をなぐさめ、送り出すものとされていました。他にも、地域の娯楽、豊作祈願、若い男女の出会いなどにも機能していたと言われます。ここでは、盆行事と盆踊りについて紹介します。

2. 多摩ニュータウン開発前の盆踊り
 かつての多摩市域においては、死者の供養は主に念仏講や僧侶が担っていたため、盆踊りの習慣はなかったようです。しかし、地域によっては青年団が盆踊りを実施し、地域の交流を図ることもありました。多摩ニュータウン開発以前に行われた地域の盆踊りを振り返ります。

3. 自治組織と盆踊り
 多摩ニュータウンが開発された後、多摩市外からも多くの人々が移り住むようになり、市内では、さまざまな形の自治組織が整えられました。彼らは親睦を深め、地域を活性化するための活動として、盆踊りを行うこともありました。自治会における盆踊りに注目します。

4.多摩センターの盆踊り
 多摩市落合にある多摩センターは、多摩ニュータウンの中心地という位置付けで造られました。ここでの盆踊り大会は、市内でも有数の規模であり、落合以外からも多くの人々が集まる夏のイベントです。多摩センターの盆踊りを中心に、新たな盆踊りの姿について考えます。

photo
小野神社における一ノ宮の
婦人部と青年団の盆踊 
1964年8月15日撮影/横山貞夫氏所蔵

photo
多摩小学校の校庭に組んだヤグラ 
1963年8月16日撮影/小泉明氏所蔵

photo
多摩小学校での盆踊り大会に参加した
多摩村青年団落合支部 
1958年8月16日撮影/土屋五三子氏所蔵





photo
落合夏祭盆踊り大会
2012年8月5日/当館撮影

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.