home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ音楽公演予定一覧 > 読売日本交響楽団 多摩市民感謝コンサート 
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

終了

Yomiuri Nippon Symphony Orchestra

読売日本交響楽団 多摩市民感謝コンサート 

〈モルダウ〉〈ボレロ〉〈威風堂々〉

〜珠玉のオーケストラ名曲選〜


開催日
2017年03月03日 (金)
時間
場所
大ホール
料金
アテナ・多摩市民3,000円<11/3(木・祝)発売>
一般4,800円<11/10(木)発売>
高校生以下1,000円

[全席指定]
※未就学児不可
※多摩市民(多摩市在住・在勤・在学)はチケットパルテノン店頭・電話のみ取り扱い
※高校生以下は、チケットパルテノンのみ取り扱い
※多摩市外の読響会員様は定価の1割引き=4,320円でチケットパルテノン店頭・電話及び読響チケットセンターにて取り扱い
※都合により予告なく出演者・曲目などが変更になる場合があります。
※公演中止の場合を除き、ご予約・ご購入後のチケットの払い戻し・変更・キャンセルはお受けしていません。
※お客様からお預かりする個人情報については、主催者である公益財団法人多摩市文化振興財団と公益財団法人読売日本交響楽団との間で共有し、必要な範囲に限定して利用させていただきます。
チケット
取り扱い
オンラインチケット チケットパルテノン
読響チケットセンター0570-00-4390
読響チケットWEB
 
チケットぴあ0570-02-9999(Pコード314-516)
 
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団 公益財団法人読売日本交響楽団 読売新聞社


photo
尾高 忠明
©Martin Richardson

【出演】
指揮:尾高忠明(読響・名誉客演指揮者)
ピアノ:小林愛実 ※

【曲目】
スメタナ:交響詩「モルダウ」
シューマン:ピアノ協奏曲 ※
ディーリアス:楽園への道
エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
シベリウス:悲しきワルツ
ラヴェル:ボレロ

photo
小林愛実
©Akira Muto

本公演に出演を予定しておりました仲道郁代は、急な体調不良により、演奏できなくなりました。 その代役として小林愛実が出演いたします。小林は、2015年のショパン国際コンクールで注目を浴びた21歳の新星ピアニストです。 曲目の変更はありません。何卒ご了承ください。


---小林愛実プロフィール---
2015年11月にTBSテレビ「情熱大陸」で“天才少女”として取り上げられるなど、いま最も注目を浴びる若手ピアニストの一人。
1995年山口県宇部市出身。3歳からピアノを始め、7歳でオーケストラと共演し、9歳で国際デビューを果たす。これまでに、アメリカ、パリ、モスクワ、ポーランド、 ブラジルなどに招かれ、スピヴァコフ指揮モスクワ・ヴィルトゥオーゾ、ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ、ジャッド指揮ブラジル響などと共演。国内では、読響、 東京フィル、日本フィル、群響、大阪フィル、兵庫芸術文化センター管などと共演し、いずれも高い評価を得ている。多数のテレビやラジオ番組も出演。
2010年14歳でEMI ClassicsよりCDデビュー。発売記念のリサイタルは完売、追加公演はサントリーホール大ホールでの日本人最年少となるリサイタルになり、好評を博した。 11年セカンドアルバム「熱情」をリリース。また、同年ショパン生誕200年記念に際して、ポーランド政府より「ショパン・パスポート」を授与された。 15年10月「第17回ショパン国際ピアノ・コンクール」に出場、ファイナリストとなる。
8歳より二宮裕子氏に師事し、11年桐朋学園大学付属高校音楽科に全額奨学金特待生として入学。現在、フィラデルフィア・カーティス音楽院で、 マンチェ・リュウ教授のもと研鑽を積んでいる。

待ち合わせは大ホールカフェで!

大ホール ホワイエのカフェを通常より早く(開場30分前から)オープンいたします。
ご鑑賞前のティータイムや待ち合わせに、ぜひご利用ください。

14時よりカフェオープン

カフェご利用時に、チケットを確認させていただきますので 開場時にホール入場口にて再度お並びいただく必要はございません。
開演まで、大ホール ホワイエにてゆったりとお過ごしいただけます。


Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.