home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ音楽公演予定一覧 > パルテノン多摩ニューイヤー・コンサート2016 
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

終了

フレッシュ名曲コンサート

パルテノン多摩ニューイヤー・コンサート2016 

新年は新日フィルで新世界を!

【出演】
指揮:川瀬 賢太郎 
ヴァイオリン:坪井 夏美(第12回東京音楽コンクール弦楽部門第1位)
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

【曲目】
ヨハン・シュトラウスⅡ世:喜歌劇「こうもり」序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
ドヴォルザーク:交響曲 第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」


開催日
2016年01月09日 (土)
時間
14時開場 15時開演 
場所
大ホール
料金
アテナ3,500円 アテナペア5,500円 <9/26(土)発売>
一般4,000円 <10/3(土)発売>
学生1,000円
※料金はすべて税込
[全席指定] ※未就学児入場不可
チケット
取り扱い
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団 
公益財団法人東京都歴史文化財団(東京文化財団)
企画協力:
東京オーケストラ事業協同組合


photo
川瀬賢太郎
©Yoshinori-Kurosawa

【出演者プロフィール】
川瀬賢太郎 (指揮)
 1984年東京生まれ。私立八王子高等学校芸術コースを経て、2007年東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。これまでに、ピアノ及びスコアリーディングを島田玲子、指揮を広上淳一、汐澤安彦、チョン・ミョンフン、アーリル・レンメライトの各氏に師事。2005年レインボウ21デビューコンサート2005(サントリーホール)に出演。
 2006年10月に行われた東京国際音楽コンクール<指揮>において1位なしの2位(最高位)に入賞し、2007年3月には入賞者デビューコンサートで神奈川フィルハーモニー管弦楽団および大阪センチュリー交響楽団を指揮。
 その後、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団を始め、各地のオーケストラから次々に招きを受ける。また、2009年6月群馬交響楽団定期公演に、2010年東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団の定期公演にそれぞれデビューを果たす。
 2012年1月には、細川俊夫作曲 平田オリザ演出、オペラ「班女」広島公演にてオペラデビューをし、好評を博す。
 海外においても2008年に引き続き2011年2月にもイル・ド・フランス国立オーケストラと共演、また、2012年10月にはユナイテッド・インストゥルメンツ・オヴ・ルシリンと細川俊夫作曲モノドラマ「大鴉」オランダ初演の大役を果たす。
 2007年〜2009年パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)アシスタント・コンダクター。
 2011年4月より名古屋フィルハーモニー交響楽団 指揮者。八王子ユース弦楽アンサンブル音楽監督。
 2014年4月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者に就任。三重県いなべ市親善大使。

photo
坪井夏美

坪井夏美 (ヴァイオリン)
 1993年米国ニューヨーク州生まれ。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、現在は東京藝術大学4年在学中。第12回東京音楽コンクール弦楽部門第1位及び聴衆賞をはじめ、2015年マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール第4位、第81回日本音楽コンクール第3位、IMA奨励賞を受賞。ミュージックアカデミーin みやざき2012・2013・2014にて優秀賞を受賞し宮崎国際音楽祭「新星たちのコンサート」に出演、2014年からはオーケストラメンバーとして参加。小澤国際室内楽アカデミー奥志賀2015に参加。これまでに読売日本交響楽団・日本センチュリー交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉等と共演。江副記念財団第44回奨学生、ロームミュージックファンデーション2015年度奨学生、東京藝術大学学内にて安宅賞を受賞。これまでに橋本璋子、Lydia Mordkovitch、Mateja Marinkovic、清水涼子、神谷美千子、Pierre Amoyal、漆原朝子、原田幸一郎の各氏に師事。
この公演は、京王
パスポートカード
のご利用で京王グ
ループ共通ポイン
トがつきます。

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.