home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ音楽公演予定一覧 > ダニール・トリフォノフ ピアノ・リサイタル
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

終了

グランドサロン・コンサート

ダニール・トリフォノフ ピアノ・リサイタル

2011年、第14回チャイコフスキー国際コンクールグランプリに輝く、今シーズン最も注目のピアニスト。
1991年生まれのトリフォノフは、世界中のオーケストラとの協演、カーネギーホールでのリサイタルなど第一線で活躍。
ファンならずとも必聴のリサイタルです。


開催日
2012年06月25日 (月)
時間
18:30開場 19:00開演 
場所
大ホール
料金
アテナ ¥2,800 <3/31(土)発売>
一 般 ¥3,500 <4/7(土)発売>

[全席指定] ※未就学児入場不可

※都合により予告なく出演者・曲目などが変更になる場合があります。
※公演中止の場合を除き、ご予約・ご購入後のチケットの払い戻し・変更・キャンセルはお受けしていません。
チケット
取り扱い
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団


photo
【曲目】
シューベルト/リスト:「12の歌」より “春のおもい”
シューベルト/リスト:「白鳥の歌」より “都会”
シューベルト:ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 作品960

ドビュッシー:映像 第1集
ショパン:12の練習曲 作品10

【プロフィール】
ダニール・トリフォノフ
Daniil Trifonov

2010年 ショパン国際ピアノ・コンクール 第3位、マズルカ賞受賞
2011年 ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクール 第1位、聴衆賞、室内楽ベスト・パフォーマンス賞、ベスト・パフォーマンス賞 受賞
2011年 第14回チャイコフスキー国際コンクール グランプリ、第1位、聴衆賞

1991年ロシアのニジニ・ノヴゴロド生まれ。タチヤーナ・ゼリクマン、セルゲイ・ババヤンに師事。現在もババヤンの元、クリーヴランド音楽院で研鑽を積んでいる。

2011年にはルービンシュタイン国際ピアノ・コンクール優勝と第14回チャイコフスキー国際コンクールでのグランプリ及び第1位に輝いた。2010年ショパン国際ピアノ・コンクールで第3位入賞。これまでにも、権威ある国際コンクールでの優勝・入賞歴多数。

すでに、欧米、ヨーロッパ、アジアの各国で演奏を行っており、ウィーン・フィル、マリインスキー管、ワルシャワ国立フィル、ローザンヌ・シンフォニエッタ、サン・マリノ響、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ響、ウィーン放送響、モスクワ室内管などと共演。ラインガウ音楽祭、クレッシェンド音楽祭、アルペッジョーネ音楽祭、ムジカ・イン・ヴィラ音楽祭、ブライトン・フェスティバル、ウィーン芸術週間など音楽祭への出演も行っている。

2009年、ニューヨークのカーネギー・ホールにデビュー。フェニーチェ劇場、ワルシャワ・フィルハーモニー・ホールなど、格式あるホールでのリサイタルも多く経験した。

また、ピアニストとして活躍するかたわら、ピアノ、室内楽、オーケストラ曲などの作曲も手がける。

ダニール・トリフォノフからのメッセージ

親愛なる皆さん、 私にとって地球上で最も刺激的な場所のひとつである日本を訪れることに、私は胸を躍らせています。日本の人々がクラシック音楽に非常に大きな情熱を持っていることを、私は大変誇りに思います。このような観客を前に演奏している間、演奏者は必ずとても特別な感情を経験します。しかし、私も多くの友人たちも、この春に起きた大災害のことを覚えています。しかし、私は芸術家の目的は人々の心を驚嘆させ精神に息吹を吹き込むだけでなく、文字通り心を癒すことでもあると信じています。そしてこの音楽の持つ精神性こそが、芸術家の存在をほとんど聖職者、音楽の聖職者とも言えるものにしているのです。パルテノン多摩で演奏できることは私にとって大きな喜びです。皆さんと共に音楽の中に新しいアイデアとインスピレーションを発見することを楽しみにしています。
ダニール・トリフォノフ

この公演は、京王
パスポートカード
のご利用で京王グ
ループ共通ポイン
トがつきます。

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.