home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ博物館マジックサウンドルーム一覧 > 季節プログラム
「ヴァイオリンを自動演奏するために、人はどう考えたか」
〈1月13日〜3月31日の毎週土曜日〉
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

季節プログラム
「ヴァイオリンを自動演奏するために、人はどう考えたか」
〈1月13日〜3月31日の毎週土曜日〉

まだ電気があまり発達していなかった時代に考えられた自動演奏楽器。
楽器の主役とも言えるヴァイオリンは、自動的に演奏をすることがとても難しい楽器でした。
2台の自動ヴァイオリンについて、その構造や開発の歩みを解説します。

申込み不要です。当日直接会場へお越しください。


開催日
2018年01月13日 (土) 〜2018年03月31日 (土)
期間中の毎週土曜日
時間
14時〜14時30分 
場所
マジックサウンドルーム
料金
大人:200円 小・中学生:100円
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団


photo

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.