home | フロアガイド | アクセス | 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ >公益財団法人多摩市文化振興財団について
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

公益財団法人多摩市文化振興財団について

  財団法人多摩市文化振興財団は多摩市立複合文化施設(愛称・パルテノン多摩)の管理・運営を通して、市民文化活動のより一層の向上及び文化振興のための事業を推進し、市民の自主的な文化活動の促進を図り、市民文化の創造に寄与するために昭和62年(1987年)3月に設立され、開館以来、当施設の管理・運営を担い、平成22年3月には公益財団法人の認定等に関する法律の規定に基づき、都内でも早くに公益財団法人として認定を受けました。
  平成18年度からは指定管理者として当施設の施設管理・運営にあたっており、平成23年度から27年度までの5年間は2期目として、平成28年度、29年度の2年間は3期目の指定管理者として、施設と多摩中央公園内駐車場の管理運営を担っていくこととなりました。引き続き、財団は文化芸術の振興、地域の活性化、信頼される事業運営を推進していきます。
 また、パルテノン多摩に隣接した多摩中央公園内駐車場は、一括管理することで効果的かつ効率的な管理運営が図られることから、指定管理による一括管理となっています。
  財団の事業としては、音楽や演劇、映画等文化芸術の鑑賞の場を目的とした主催及び提携事業を大・小ホールで実施するとともに、併設されている歴史ミュージアムにおいて多摩ニュータウンの開発をはじめ、郷土の歴史文化を中心とした歴史資料の公開や普及の為の展示を実施しています。キッズファクトリーにおいては子どもと親子で地域や身のまわりのこと等を体験できるモノづくり等を通して学ぶことの事業を実施しています。また、文化芸術や郷土歴史の普及啓発やコミュニティ活動の支援とともに各種出版事業も実施しています。市民ギャラリーでは美術展など市民の皆様や各種団体による展示事業も実施されています。
  当施設には、平成23年度を開始年度とする「第5次総合計画」における多摩市の目指す将来都市像、「みんなが笑顔 いのちにぎわうまち 多摩」を文化や芸術面で支える重要な役割が求められています。今後も、これまで以上に、「市民のために」「市民とともに」「市民の中へ」即ち、常に市民、利用者から支援され続ける存在であることを引き続き、目標としていきます。

設立趣意書

 多摩市は、東京都が中心となって開発を進めている「多摩ニュータウン事業」の中心に位置し、市域の約6割がこの開発事業区域に含まれている。
この多摩ニュータウン事業は、多摩の自然と調和した良好な居住環境をそなえるとともに、文化・商業・業務等の機能をもつ、新都市の建設を基本方針として居住人口約31万人が計画されており、昭和46年の第一次入居以来既に約10万人の市民が生活している。
多摩市も、この多摩ニュータウン事業の進捗に伴う急激な人口増加により、農村時代より引き継がれてきた共同意識が薄れ、個人的な傾向が増加してきている。
このような状況のなかで、多摩市にとって、今最も重要なことは21世紀の多摩市はいかにあるべきかを考え、市民と行政が一体となったまちづくりを進めることである。それには、目標・政策を明確に示すことであると考え、昭和56年に策定した「多摩市基本構想」において「太陽と緑に映える都市~心のふれあうまち・多摩」を、将来都市像として市民のだれもが「ふるさととして誇れるまち・多摩」を、まちづくりの基本理念として、市民と行政が協力し、この新しいふるさとづくりに取り組んでいるものである。
こうしたなかにあって、新旧住民の融合を図るための施策として、文化活動などを通して市民のコミュニティの醸成をさせていきたいと考え、市民の文化活動などの拠点として、コンサートホールとしての機能を中心とし、同時にオペラ・バレエ・演劇等多目的に利用できる大ホール、市民及び市民団体が気軽に演劇・音楽会・各種発表会等に利用できる小ホール、変わりゆく多摩の姿を総合的に知ることができ、幅広い利用者層が自ら学習でき、過去から未来への展望がひらかれる展示室とを併設した「パルテノン多摩」が建設された。
しかし、市民の文化活動などに対する要望は、施設の拡充はもちろんのこと、利用機会の拡大、サークル活動への参加など多種多様化しており、自治意識・連帯感も高まりを増してきている。
このような背景のもとで、この施設は、市民の文化活動のより一層の向上を図るために市民の自主的な参加を得て、多摩市における文化の振興のための事業や市民及び市が主催して行う各種文化行事等に協力し市民生活と福祉の向上、地域の発展に寄与するための施設としての役割が望まれているわけである。
従って、これらの施設の管理・運営にあたっても、利用者である市民自らが、愛着を抱き、しかも容易に利用できるよう、新しい発想による対応が必要である。
こうした期待に十分応えるためには、従来の行政の枠を越えた組織、すなわち行政の出資を根幹とした安定的な財政基盤を保持し、かつ民間の自由な経営手法を取り入れ、弾力的な運営が行える組織形態による対応が必要である。
以上の認識と観点に立って「財団法人 多摩市文化振興財団」が設立された。
この財団は、市民とともに多摩市の文化を創りあげるための運営態勢を確立する。
また、市民文化の向上及び振興のための事業を推進し、これらをとおして市民の自主的な文化活動の促進を図り、多摩市に相応しい市民文化の創造に寄与しようとするものである。

目的及び事業(公益財団法人多摩市文化振興財団定款から)

<目的>

第3条 この法人は、多摩市における文化芸術の振興のための事業及び市民の自主的な文化活動への支援を行うとともに、市民のふるさと意識を育てる事業を行うことにより、市民文化の創造とコミュニティの醸成を図り、もって広く地域の発展に寄与することを目的とする。

<事業>
第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)文化芸術の振興を目的とする事業
(2)地域活性化、コミュニティ活動支援及び市民活動支援のための事業
(3)郷土の文化及び自然環境などに関する資史料の収集、保存、公開、普及のための事業
(4)市民が参加及び体験する文化芸術事業
(5)市が設置する複合文化施設及びその他の公の施設の管理運営のための事業
(6)施設利用者に対する付帯サービス事業並びにこの法人の公益目的を達成するために必要な事業

組織図
組織図
理事・評議員

名簿pdf

予算及び決算

<平成24年度決算pdf <平成25年度予算pdf

<平成25年度決算pdf <平成26年度予算pdf

<平成26年度決算pdf <平成27年度予算pdf

<平成27年度決算pdf <平成28年度予算pdf

事業計画及び事業報告

<平成26年度事業計画書 pdf

<平成27年度事業計画書 pdf <平成26年度事業報告書 pdf

<平成28年度事業計画書 pdf <平成27年度事業報告書 pdf

<平成28年度事業の概要 pdf



Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.