home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ演劇・古典芸能公演予定一覧 > 多摩ニュータウン×演劇プロジェクト 第二弾『まちまち』 
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

多摩ニュータウン×演劇プロジェクト 第二弾『まちまち』 

photo

2017年8月に多摩ニュータウンを題材に制作した演劇公演『たまたま』。
その第二弾作品を8月11日(日)に小ホールで上演決定!!


[出演]
アキ、浅井要美、井上一良、岩波輝代子、王 申冉、奥山樹生、影山忠雄、
木下桃伽、久原 詢、さかもとじゅん♪、佐野美星、塩谷 敬、清水一滴、
杉本一剛、須山 剛、タカオ、タカハシ ミク、NOBU、はるみ、増尾裕美、
宮崎太一、望月正人、山田紗友美、陽介、吉田史織、Ryuichi

※ファシリテーター・出演
石田迪子、小角まや、小林あや、野坂 弘、廣川真菜美、前原麻希、ワタナベミノリ

[市民スタッフ]
石川佳代、荻山恭規、川島信義、川鍋早紀菜、小池和子、木幡東子、志田武士、
末永明彦、田原裕也、fine、flawy(ふらー)、三島麻砂美、南ゆり、三宅弘朗、
吉本知花

◆ 瀬戸山さんからのコメント ◆
多摩ニュータウンのイメージって何?
子育てがしやすい街? 高齢化が進む街?
実は同じ多摩ニュータウンでも、地域によって歴史も色合いも異なります。
多摩ニュータウン×演劇プロジェクト第二弾『まちまち』では、
ひとつひとつの「まち」を歩き、暮らす人々の声を集めて、みんなで演劇をつくります。

【進行役・脚本・演出】瀬戸山美咲(劇作家・演出家・ミナモザ主宰)

《出演者募集》 ※締切りました。
対象:多摩ニュータウン地域に在住・在学・在勤の方、及び多摩ニュータウン地域に興味のある(市外の方も可)
基本的に全てのスケジュールに参加できる方
定員:20名程度(選考あり)
参加費:2,000円

《スタッフ募集》 ※締切りました。
対象:高校生以上
定員:10名程度
参加費:無料
日程:下記スケジュールに適宜ご参加ください

『まちまち』を観る前に観よう!多摩ニュータウン記録映画上映&トーク

『まちまち』公式ブログ
市民スタッフがワークショップのレポートをお届けします!


開催日
2019年08月11日 (日)
時間
12時開演  
16時開演  
※2回公演 

※12時の回は託児サービスあり。定員になり次第締切。お早めにご予約ください。(有料) 
【ご予約・お問合せ】イベント託児・マザーズ 0120-788-222(平日10:00〜12:00、13:00〜17:00)
※16時の回終演後アフタートークあり。手話通訳あり。
※16時の回は聴覚障害の方向け字幕サポート予定。
(お手持ちのスマホに専用アプリのダウンロードが必要)を実施予定です。
ご希望の方はチケットパルテノン窓口かお電話でお問合せください。 
場所
小ホール
料金
アテナ1,500円 <6/23(日)発売>
一般2,000円 <6/29(土)発売>
学生1,500円
[全席指定] ※未就学児入場不可
※学生券購入の際は学生証をご提示ください。
※車椅子でのご鑑賞をご希望の方はチケットパルテノンへお問合せください。
チケット
取り扱い
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団
募集内容
申込方法:
下記申込フォーム、またはチラシの申込欄にご記入のうえ、FAXにてお申込みください。
市民スタッフ募集申込フォーム
申込方法


photo
瀬戸山 美咲

【スケジュール】※会場はパルテノン多摩館内
6/16(日)・23(日)・29日(土)・30(日)13:00〜17:00(予定)
7/07(日)・13日(土)・14(日)・20(土)・21(日)13:00〜17:00(予定)
7/27(土)・28(日)・8/3(土)・4(日)11:00〜18:00(予定)
8/09(金)18:00〜22:00
8/10(土)終日予定
8/11(日)12:00/16:00(2回公演)小ホール

photo

<瀬戸山美咲プロフィール>
瀬戸山美咲:1977年、東京生まれ。劇作家・演出家。2001年、ミナモザを設立。近年の作品に、東日本大震災後の自分自身を描いたドキュメンタリー演劇『ホットパーティクル』、心の基準値をめぐる短編『指』、原発事故を描くドイツの小説を舞台化した『みえない雲』など。2016年、『彼らの敵』で第23回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。劇団外の活動に『埒もなく汚れなく』『始まりのアンティゴネ』『わたし、と戦争』(ともに作・演出)、『グリーンマイル』(上演台本・演出)、『夜、ナク、鳥』『ジハード』(ともに演出)などがある。映画『アズミ・ハルコは行方不明』、『リバーズ・エッジ』の脚本も手がける。
世田谷パブリックシアターのワークショップの進行役やロンドンバブルシアター製作『ヒロシマの孫たち』の上演台本など地域の人とつくる演劇にも継続的に携わる。2017年8月、パルテノン多摩にて多摩ニュータウンの住民へのインタビューと市民ワークショップを経て創作した舞台『たまたま』を上演。


Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.