home | フロアガイド | アクセス| 休館日 | サイトマップ | お問合せ | 財団について | リンク
音楽演劇・古典芸能映画博物館美術参加・体験企画イベント
トップ演劇・古典芸能公演予定一覧 > 小池博史 演劇創作プログラム−KENJIへの旅−
読み上げる
 
パルテノン多摩について
施設利用・空き状況について
施設予約はこちらから
チケット購入のご案内
初めてインターネットで チケットをご購入なさる方
一般オンライン(登録済み)の方
パルテノン多摩友の会 新アテナクラブ会員の方
パルテノン多摩 友の会 新アテナクラブのご案内

終了

風の又三郎公演関連企画

小池博史 演劇創作プログラム−KENJIへの旅−

photo
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

国内外で活躍する舞台芸術家・小池博史による『風の又三郎』が10月、多摩にやってきます。
その関連企画として宮沢賢治をテーマにした作品創作ワークショップを開催します。
演劇、ダンスの経験のある方はもちろん、まったくない方でもご参加いただけます。
今も私たちの心に生き続ける作家、宮沢賢治の生誕120年の年に、
自然と人間について深く考え、作品をつくってみませんか。

【日時】
6月11日(土) 13時〜18時
6月12日(日) 10時〜18時
6月13日(月) 18時30分〜21時50分
6月16日(木) 18時30分〜21時50分
6月17日(金) 18時30分〜21時50分
6月18日(土)10時〜16時(成果発表公演15時〜16時 一般見学可)※終了後に交流会あり

5月30日(月)19:00〜(パルテノン多摩1階リハーサル室)※スタッフワークの方向け説明会


開催日
2016年06月11日 (土) 〜2016年06月18日 (土)
場所
リハーサル室(6月18日のみ小ホール)
主催
主催:
公益財団法人多摩市文化振興財団
助成:
一般財団法人地域創造
募集内容
対象:
高校生から70歳位まで ※演劇、ダンスの経験不問 ※原則全日程参加できる方
定員:
25名(申込み先着順)※定員に達しましたので締め切らせていただきました。
参加費用:
4,500円
スタッフワーク:
照明・美術で関わりたい方を若干名募集(申込先着順)。
スタッフワーク用申込フォーム
申込方法
申込専用フォーム
2016年03月20日(日) 10時00分受付開始 定員になり次第締め切りとさせていただきます。
※参加申込書のFAXおよび、メールでも受付けます。


photo

演出・アートディレクション:小池博史
元パパ・タラフマラ芸術監督。一橋大学卒業。演出家・作家・振付家・舞台美術家・写真家、舞台芸術の学校(P.A.I.)学長。TVディレクターを経て1982年パフォーミングアーツグループ『パパ・タラフマラ』を設立。以降、全55作品の作・演出・振付を手掛ける。パパ・タラフマラ以外での演出作品も多数。演劇・舞踊・美術等のジャンルを超えた、強くオリジナリティ溢れる作品群は、35ヶ国で上演され、国際的に高い評価を確立。各国アーティストの作品製作やプロデュース作品の製作、世界各地からの演出依頼公演、プロ対象・市民対象のワークショップを数多く実施。97〜04年つくば舞台芸術監督、アジア舞台芸術家フォーラム委員長、国際交流基金特定寄附金審議委員(05年〜11年)等さまざまな審議員、審査員等を歴任。2012年3月パパ・タラフマラ解散後、「小池博史ブリッジプロジェクト」を立ち上げる。

photo

<企画概要>
2016年の4月から11月にかけて、東日本地域の4都市(宮城県仙台市、長野県長野市、茅野市、東京都多摩市)が"宮沢賢治"をテーマとした市民創作プログラム、および「風の又三郎」の舞台作品の創作・上演に、世界で活躍する舞台演出家小池博史氏らとともに臨みます。
パルテノン多摩では、6月に 「パルテノン多摩PACプログラム 小池博史 演劇創作プログラム[−KENJIへの旅−]」の実施、 10月に小ホールで「風の又三郎2016-ODYSSEY OF WIND-」の公演を行います。
公共ホール4館で連携しながら作り上げていくこのプロジェクトにご注目ください!
サイト、ブログにはこれからの展開をアップしていく予定です。

公式サイト
http://kikh.com/kaze/2016/
ブログ
http://kaze2016.blogspot.jp/

Copyright Tama City Cultural Foundation. All rights reserved.